【ひろゆき生放送まとめ】資産はインデックスファンドへ/弱者支援は共産主義者??

 

”こちらの記事は、週に数回のyoutubeライブを開催している西村博之(にしむら ひろゆき)さんの動画内容の一部を、わかりやすいQ&A形式(の一部を文字)にしてまとめたものです。また、皆さんが気になる質問や解答だけを知ることができるように、以下の目次から直接興味ある場所へ移動することができます。

何かご要望や改善点などがありましたら、「お問い合わせ」から教えていただけると幸いです。”

参考:ひろゆき, hiroyuki



<Q&A>お金・お仕事事情

税務署職員です。同僚が無能なので税理士として独立したいのですが、一生安泰の権利を捨てることもできません。どうすればいいですか。

税務署職員としての今のお仕事をつづけながら、税理士の資格試験を受験すればいいのではないでしょうか。

税理士試験に受かったら税理士になればいいし、受からなかったら、今の仕事をダラダラ続けていけばいいだけです。

税務署の仕事と、税理士の試験勉強を両立させればいいと思いますよ。

<Q&A>日常生活・個人

30代男性です。自由に動かせるお金が6000万円あります。安定して資産を増やすための方法を教えてください。

とりあえず、インデックスファンドにぶち込んでおいてください。

「アメリカ株式」とか「先進国株式」「新興国株式デックス」「全世界インデックス」「先進国債権」とかいろいろありますが、基本的にはどれでも大丈夫です。

SBI証券をはじめとするネット証券は、信託報酬とかの販売手数料がかなり安いのでおススメです。

格差の広がる資本主義が嫌いです。ですが、立場的に共産主義に傾倒することもできません。

別に、弱者を救いたいという理由だけで共産主義者になる必要はありません。

自民党政権でも、弱者を救うための生活保護の権利をガンガン使うように国民に呼びかけていた気がします。

菅首相も、生活保護申請者の親族に対する照会などをやる必要はないみたいなことを言いはじめています。

資本主義に基づく自由競争によって取り残されてしまった弱者を救う方法は、ぶっちゃけいくらでもあります。

「弱者のケア=共産主義」という考え方は、あまりいい考え方ではないとおもいます。

TOEICを受けるつもりです。ビジネス英語を習得するための手っ取り早い方法を教えてください

僕が英語を勉強しはじめたころは、「英語学校」や「完全独学」で勉強して、英語を不自由なく(日常で)使いこなせるようになった人を見たことがありませんでした。

日本で暮らし続けても英語を話せるようにならないと思ったので、大学生のころに、アメリカに住んでみることにしました。

アメリカのアーカンソー州の大学に一年くらい留学していたのですが、割と英語力は向上しましたよ。

もし何らかの外国語を習得したいと思うなら、四の五の言わずに、その言葉が話されている国に住んでみるのが一番効率的だと思います。

嫌でも、外国人と話す訓練になりますからね。

今では、オンラインで外国人の先生と話すことができる英会話サービスも増えてきているので、それをガンガン使ってみるのもいいかもしれません。

とりあえず、「日本人」や「日本語」がない環境で勉強することが大事ですね。

楽しそうだと思ってやってみたけど、やってみたあとに後悔したことはありますか。

バンジージャンプは一回目は楽しいのですが、二回目はやらないほうがいいと思います。

あと、一度だけですが、水を7リットル飲むことにチャレンジしたことがありました。

「水」を大量に飲むと本当に死ぬのかどうかを確かめたくなったからです。

というのも、一昔前に、最も多くの水を飲んだ人が優勝するというコンテストが行われていたんです。

ですが、9リットルくらい飲んだ優勝者が、コンテストの後に水中毒で死んじゃったんですよね・・・。

僕からしたら、

いやいや、水で死ぬわけないじゃん!

と思ったので、自分でも限界まで水を飲むことにチャレンジしてみたくなったのです。

たかが水を飲むくらい痛くも痒くもないと思っていたのですが、大体4リットルを過ぎたあたりから、体温が低下し始めたんですよね。

同時に、体調も悪くなってきたんです。

  • 体温の低下
  • 悪寒

体調が悪い程度でしたらまだ我慢できたのかもしれませんが、体温がどんどん下がってきたので割とマジで怖かったです。

ここまでくるとさすがに

これ以上飲んだら、まじで死ぬかもしれない

と思ったので、4リットル飲んだあたりでギブアップしました。

その後は、塩をなめたりポテトチップスをガンガン食って、低下した体温を元に戻しました。もう二度とこのチャレンジはやりたくないです。

楽しそうだからという理由だけで安易に手を出してはいけないですね。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA