【ひろゆき生放送まとめ】リアルライブは必要ない/瞑想をする超簡単な方法

こちらの記事は、週に数回のyoutubeライブを開催している西村博之さんの動画内容を、わかりやすいQ&A形式(の一部を文字)にしてまとめたものです。

また、皆さんが気になる質問や解答だけを知ることができるように、以下の目次から直接興味ある場所へ移動することができます。

何かご要望や改善点などがありましたら、「お問い合わせ」から教えていただけると幸いです。



<Q&A>政治・社会・経済系

日本の企業は海外のように開放的になりますか?

なるとは思いません。

僕は、大阪都構想が投票で否決されたというのが、日本の方向性を決めたかなと思っていまして。

「新しいこと、変化すること」というのを日本人は望むのかどうかで行くと、日本の大都市である大阪ですら望まなかったということなんですよね。

”既得権益層が有利になる”

なので、日本というのはどんどん没落していくと思っています。で、日本が没落していくと、既得権益を持っている人の方が、ポジションがよくなるんですよ。

例えば、IT業界は、IT業界の業界団体って作らないじゃないですか。なぜ作らないかといえば、作らなくても儲かるからです。

じゃあ、ハンコ議連とかってなんで存在しているんかっていうと、ハンコを売っているだけではもうからないから、ちゃんとした議連を作って、政治的な圧力をかけて、ハンコを何とか残そうとするわけです。

なので、既得権益を持っていると、もうからなかったとしても政治的な圧力とか補助金とかで、業界とか企業とかが回るようになるんです。

”不景気→既得権益に近づく”

なので、日本自体が不景気になると、自前で真面目に稼いでいる人より、既得権益の近くにいる人の方が有利になるんですよ。

既得権益の人たちはお金を持っているし、社会的なポジションもよくなるので、みんがなみんなが、既得権益に群がるようになるんです。自力でチマチマ稼ぐよりも、既得権益持っている人と仲良くなって、パイプを作って、そこからおこぼれをもらったほうがお得なので。

リアルイベントは厳しいですか?企画が好きです

”リアルライブって需要ありますか?”

コロナでオンライン授業とかオンラインライブが主流になってから、リアルにこだわる必然性がもうわからなくなっちゃってるんですよ。最近だと、嵐とか韓国のBTSとかが、無観客のオンラインライブをやりましたよね。

ですが、今のところ「リアル」というものに価値を感じている人が多いと思うのですが、僕は、ライブに行く必然性が全く分からない人なんですよ。

20~30人しか入れない狭い場所ならアーティストと近い距離で楽しめるから別ですけど。

でも、例えば東京ドームコンサートとかになると、アーティストとの距離がめっちゃんこ遠いんですよね。この場合、コンサートに参加している人が実際に見ているのは、本人ではなくて、横のでかいプロジェクターとかモニターなんですよ。

遠くの方に「おい、あそこに本人がいるらしいぞ!」っていう感じは、その場所に自分がいるっていう感覚を持ちたいだけ。

実際に得ている情報量で行くと、DVDで見るのと生で見るのとで行くと、大した違いは生まれていないんです。

コンサートで熱気を感じたい!

”人混みで味わえます”

中には、1万人とか大勢で騒ぐときに感じる「音感」と「熱気」を感じたいっていう人がいます。ただ、別に熱気とかって、ライブじゃなくても、人込みに行けば同じ感覚を味わえるんですよ。

音圧問題に関しては、ソニーとかのめちゃんこいい環境のヘッドホンで聞いた方が、音はきれいに聞こえます。

スピーカーの構造は、コーン紙っていう紙が揺れて音を伝えるという仕組みになっているんですけど、スピーカーからの距離が離れるほど、波が広がっていくので、聞こえる音の質も悪くなるんです。なので単純に考えると、デカいホールになればなるほど、音の質はどんどん下がっていくわけです。

しかも今のホールの作り方は、小さいスピーカーをいっぱい並べる形式なので、遠くに座っている人はそれ程いい音を聞くことが出来ないんですよ。なので、本当にいい音で聞こうとすると、ヘッドホンが最強になっちゃうんです。

テレビで良くね?

しかも、本人が近くで見たいとかであれば、テレビの映像のほうが近くで見られるんですよ。

パソコンをテレビでつないで友達と一緒に盛り上がったりとか、でっかいスクリーンを買ってヘッドホンで楽しんだりした方が、目の前でアーティストの映像や歌を楽しむことが出来ます。あと、先程も言ったように、音も結構いい感じ。

なので残念ながら、「ライブってぶっちゃけオンラインでもいいよね」っていうのが、かなり増えてくると思いますよ。

<Q&A>個人のお金・お仕事事情

地方のトイレ浄化会社に未来は?

あると思いますよ。トイレの浄化システムがなくなることはないので、需要はずっとあると思います。

健康・雑学系

人間に「自由意志」は存在すると思いう?

”僕にはあると思います、人によってはないと思います”

僕自身はあると思っているんですけど、自由意思がない人は、世の中に結構いるんじゃないかなと思っています。自由意志がない人の特徴は、多数派が言っていることを、絶対的に正しいと信じちゃう人です。

「多数派は正しい」っていうプログラムを脳に組み込まれている人って、多数派を必ず追いかけるだけなんですよ。例えば、

  • 「鬼滅の刃が売れてます。みんな見てます」→「じゃあ僕も、鬼滅の刃を見に行こう!」
  • トランプ大統領をみんなが支持しています」→「じゃあ私も、トランプを支持しよう!」

とかっていう風に、自由意志がない人は、多数派の主張が絶対的に正しいと支持するというアルゴリズムのもとに動いているだけで、他の人とは違う、その人独自の判断というのを全く持っていない人なんですよ。ただただ、周りに従うだけ。

うんこを食う人は自由意志がある

例えば、僕の知り合いでうんこを食う人が多いんですけど、これって常識的ン考えたら、明らかに頭がおかしいじゃないすか。ですがこれは、「うんこを食わない」というアルゴリズムを組み込まれているだけので、うんこに関していえば、僕もみんなも多数派に洗脳されているんです。

ひょっとしたら、うんこを食ったらめちゃくちゃ美味しいかもしれないけど、なんか食っちゃいけないんだなって思って、うんこを食ってないんです。しかし、うんこを食う人は、「うんこを食べよう!っていう独自の判断をしたうえで、うんこを食って、食い続けているんですよ。

この行動が正しいのかどうかは別のお話ですけれど、うんこを食う人には、自由意志があると思います。多数派に洗脳されてないってことなので。

瞑想についてどう思いますか?

”流行ってますけど、スキルがないと無理じゃないすか”

瞑想流行ってますよね、最近。瞑想のスキルがあると何がいいのかといえば、きちんとした瞑想がスキルとして習得できれば、何か嫌なことがあったりしたときに、ストレス値が完全にリセットできるんですね。

世の中の現代人はみんなストレスが多いと思いますが、ストレスがずっとかかり続けていると、それが知らず知らずの内に体にも不調をきたしたりするんです。なので、ストレス値がリセットされると、結構精神も体も結構すっきりして、体の不調につながらないというのがあるんです。

ですが、ちゃんと瞑想ができる人だと、完全に無の状態になってストレスをリセットできますが、そこまでできるタイプの人だと、そもそもストレス自体たまらない気がするんですよ。

なので、「瞑想を覚えたい」とか「瞑想しなきゃ!」とか思っている人は、そもそも瞑想自体できないと思うんですよね。

サウナは一瞬無になる

サウナって、めちゃめちゃ熱い所で大量に汗を流すので、瞑想に近いような状態を作ることができるんですよね。温度の高いところに行くと頭が回らなくなるし、体が熱くなって水分も奪われていくので。

さらに、サウナの後にとどめでの一撃で冷水にどんと入ると、体中の血管が収縮したりとか皮膚が縮んだりとかが一気に発生するので、脳に血液が行かなくなるんです。脳に血液を出している場合じゃないので。

こういう状況になると、何も考えなくなる瞬間が生まれるので、そういう意味では割と瞑想状態を作ることが出来ますよ。

”瞑想は人によって違う”

ちなみに僕は、ゲームをやると、ゲームをやっている時間の事しか考えられないっていう状況になったりするので、ゲームで瞑想状態になります。

まあこれは、人によって違います。勉強している時かもしれないし、ランニング中かもしれないですし。

瞑想は正座しなければならないみたいなことが言われていますが、別に自分が没頭できる何かがあれば、それでいいんじゃないすか。

 












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA