【ひろゆき生放送特集】政治・社会に関心を持つことの意味とは



Q:社会問題や政治に関して無関心な人について

短期的な利益はないが、長期的な利益はある

世の中には、世の中ニュースに関心を持っても意味がないみたいなことをいう人がいるんですけど、確かに「短期的」には利益がない場合が多いんです。

ですが、長期的な傾向だったら、割と当たることがあるんですよね。

プログラマーをすすめる理由

”どこでも働ける万能職”

例えば、僕がずっとおすすめしている職業に「プログラマー」っていうのがあります。

理由は単純で、日本の経済状態がどれだけ悪くなっても、プログラマーの能力があれば、他の国に行けば何とでもなるからです。

日本で営業職に就職して、高い給料をもらっていても、日本人で営業ができるっていう人が、海外で需要があるとは限らないんですよね。

この先日本経済が落ちてきて外国に移住したほうがもっと稼げるってなった時に、営業のスキルって海外ではくそみたいなスキルとしてみなされないんですよ。

ですが、エンジニアで「今までにこういうアプリ開発してました!」みたいな事が主張できると、割と簡単に労働VISA貰えて、海外で働くことができちゃうんです。

世の中の流れをつかむことは大事

お金の使い方について

”例えば「地価」”

長期的な視点で行くと、この先日本の経済がどうなっていくかとかっていうことに関心を持っておくと、結構得することがあるんです。

例えば、東京以外の地価が下がっているみたいな事実があるんですけど、この事実を知らないで「数千万円の家買いたい!」みたいな頭の悪い発想をしてしまうと、20年後くらいに割と損すると思うんですよ。

まあ、お金持ちなら別ですけど。

なので、長期的に自分の社会的な立ち位置とかがどうなるかを考えるときに、経済とか社会の動きをちゃんと把握できていると、そんなに損しないと思うんですよね。

起業をするとき

”ハンコ屋の開業をすすめますか?”

他にも例えば、もしあなたの友達が独立して起業をしようとしているときに、「よっしゃ!ハンコ屋をやるぜ!」って言ってたら、流石に家族とか周りの人が止めるじゃないすか。

いやいや、マジでやめた方がいいよって感じで。

今の時代にハンコヤをオープンするのは時代錯誤じゃね?

ですが、確かに今なら止める人が多いと思うけれど、もし4年とか5年前とかだったら、「ハンコ屋をやるのはやめとけ!!」って胸を張って言える人って、少し減ると思うんですよね。

ゆうてもハンコってみんな買うから需要あるでしょっていう感じで。

こういうことを言う人は、長期的に日本の変化を見ることができない人なんです。

”社会経済を考えていると、おバカな発想はしない”

でも、もし5年前に20年先のことを考えられていると、電子化は必ず進展するし、ビジネスも画面越しでやるっていう事実に気づけるんですよね。

特に、アメリカとか英語圏のシステムがどんどん日本に入ってきますし、英語圏で存在しない「ハンコ」みたいなシステムは、時間の問題でどんどんなくなっていくだけなんですよ。

なので、たとえ5年前とかであっても、「ハンコ屋で独立するのはよくない!」という結論を堂々という事が出来るわけです。

長期的な日本の変化の見通しについて考えていれば、例えば「ITに関しては海外を見習うべきだよね」っていう予測が立てられるんですよ。よって、世界とか国際社会の流れはきちんと押さえておいた方がいいと思います。

幸せな人生のために

”デカい失敗はしないように”

僕の場合、「派手に大きな失敗をしない」というのが、割と成功というか幸せに生きるために必要な要素だと思っています。

会社を自分でやっている人もそうですけれど、大きな失敗さえしなければ、なんだかんだ言って何とかなることが多いんですよね。

会社で「新しく~やります!」ってなった時に、その時点で常連さんみたいなお客さんがいれば、例え売り上げが伸びないとしても、ある程度はお客さんが満足してくれるるみたいな状態になるんです。

さらにこれを長年やり続けると、「なんとなくこの会社って長く続いているから信用できるよね」っていう評価が勝手に・自然に下されて、同じようなビジネスしかしてないのに評価が勝手に上がっていくんですよ。

大きな失敗をしないで似たようなことをチョコチョコやり続けていれば、下手に大きな失敗とかはしないと思います。

こういう感じで、失敗さえしないでチョコチョコ似たようなことをやり続けていれば、結構勝手に評価ポイントが上がるっていうのがあるんです。

極端に大きな失敗とか、大きな社会の流れから外れてしまうようなことがない限りは、割と楽しく暮らせるのではないでしょうか、日本では。

なので、「政治とか社会とか、難しいことを考えても状況は変わらないじゃん」っていう意見は、10年先と20年先とかを考えるときには、結構的外れなんですよ。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA