【ひろゆき生放送まとめ】切り抜き動画が再生されない!/求人広告のウソ/障がい者雇用のアドバイス

 

”こちらの記事は、週に数回のyoutubeライブを開催している西村博之(にしむら ひろゆき)さんの動画内容の一部を、わかりやすいQ&A形式(の一部を文字)にしてまとめたものです。また、皆さんが気になる質問や解答だけを知ることができるように、以下の目次から直接興味ある場所へ移動することができます。

何かご要望や改善点などがありましたら、「お問い合わせ」から教えていただけると幸いです。”

参考:ひろゆき, hiroyuki

 

障がい者雇用枠で働いています。業務が評価されて、障がい者の採用業務にあたることになりました。面接で注意すべき点は?

先天的な障がい者

アドバイスとして正しいのかはわかりませんが、もしあなたの職場がコミュニケーション能力が必須であれば、先天的な障がい者「ではない」人を雇った方がいいと思います。

差別的な表現になってしまうので、あまり大っぴらには言えないんですけどね・・・。ポリコレの皆さん、あまり騒がないでね

先天的な障がい者の方々の場合は、自分が周りの人に理解され、助けられるのが当たり前だと思い込んでしまっている節があるんです(全員ではありませんが)。

普通であれば、自分のことを助けてくれた人に対して感謝するのが当然なのですが、そういう感情自体を感じられない人もいるらしいのです。

別に、障がい者同士であれば、特に問題はありません。

ですが、日常のコミュニケーションの場面において

あなたたち健常者が、譲歩したり助けたりするのは当たり前でしょ?だって僕/私は、障がい者だもん!!

みたいな、とんでもないことを言いはじめる輩が、組織の中に一定数紛れ込んでしまったら、それはもう大変です。

後天的障がい者

一方で、一般的な健常者の生活も理解している後天的障がい者の方々は、健常者としてモノのの考え方や見方と、障がい者としてのものの考え方や見方の両方を備えています。

なので、コミュニケーション重視の職場で働いているのであれば、前者よりも後者のほうがおすすめです。

組織として動いていく上でのメリットや、長期的な視点で考えたときの事情を考えると、後天的障がい者を優先的に雇用したほうが安全かもしれません。

もう一度言いますが、これは結構差別的な考えになってしまうので、あなた自身は職場で表立って言わないほうがいいです。

ひろゆき切り取り動画を作っていますが、登録者数が伸びません。動画に字幕を入れたりして頑張っています。どうすればいいですか。

あなたは、動画内容の質を上げるための工夫を色々となさっているようですが、それはあくまで「動画が再生された」ことが前提のお話です。

いくら動画づくりに凝ったとしても、動画が再生されない限りは、その努力と成果が視聴者の目にとまることはないんです。

動画の再生数を伸ばしたい場合は、たまたまyoutubeで検索したときにヒットしやすくなるようなタイトルを設定するようにしてください。

「再生される」というスタート地点に立つためには、サムネとタイトルは超大事だと思います。

具体的に何をどうする?

タイトルを一生懸命考えることは確かに大事ですが、再生回数が多い他の人の動画のタイトルを真似すればいいわけではありません。

似たようなタイトルの場合は、再生回数が多い人の動画のほうが、検索の上位欄に表示されてしまうからです。

他の人が書かないような切り口からタイトルを考えることが大事です。

たとえば、「ひろゆきキャリア」みたいな切り抜きチャンネルがあります。

このチャンネルでは、職業に関連した動画の切り抜きに特化していて、動画のタイトルも「~という資格について」とか「~という職業について」という形で作られています。

このチャンネルのどこがいいのかといえば、切り抜きの対象となる内容を1つや2つのジャンルに限定している所です。

そのジャンルをめぐって競争するような人が少なければ少ないほど、そのチャンネルに登録する人が増えていきます(落合さん風に言えば、ブルーオーシャン)。

なので、再生回数を伸ばしたい場合は、「動画の切り抜き対象とするジャンルを見定め」て、それに「特化したチャンネル」を作り、「わかりやすいタイトルをつける」という作業を続けていけばいいのではないでしょうか。

中卒17歳。求人広告には、月収30万以上&きれいな寮に住めると書いてあります。写真もきれいでした。この情報を信用しても大丈夫ですか。

広告だからきれいな寮の写真とかがついているだけで、実際に暮らしていく場所は全然違う所です。

もしホントに求人広告で書かれていることが正しいのなら、応募者数が殺到して、時給や給料がガンガン下げられていきます。

人が大量に来るのであれば、働くインセンティブとなる時給を多少下げたところで、特に問題はありませんからね。

どのアルバイト紹介サイトもそうですが、求人広告は大体広告用の「ウソ」みたな節があります。

めちゃんこ美人な人が写真に写っていても、その人はただの宣伝材料です。

広告の嘘に騙されないようにしましょう。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA