【ひろゆき生放送特集】新築マンションの購入に隠れる闇



マンションの価値を測る基準

今の時期にマンションを買うのは割とリスクが高いですが、東京の六本木とは麻布十番とかであればそれほど問題はありません。

そもそもマンションの管理体制は、そのマンションの管理体制と積立金の2つで決まります。

管理体制

管理体制は、マンションの管理をしている大きな不動産会社のことです。

数年ごとにちゃんと大規模な修繕工事とかを行ってくれるかどうかが重要です。

積立金

一方で積立金は、マンションに住んでいる人たちが月々支払う管理費用から捻出されています。

管理会社が水道の配管工事や外壁を工事するために必要な費用は、主にこの積立金から出されているんですよね。

安心・安全なマンションで暮らしたいなら、きちんと積立金みたいなお金は払っておきましょう。

積立金を豊富に集めることができる優良マンションなら、10年に一度で行われる億単位の修繕工事でも、割とスムーズに進めることができます。

逆に言えば、人気がなく居住人数も少ない安いマンションでは、十分な積立金が集まらないことになります。

積立金が集まらないマンションでは、簡単な掃除すらもままならない状態になるので、そのマンションの価値はどんどん落ちまくっていくわけです。

マンション、廃虚への道のり

金持ちは先に逃げる

ちゃんとした積立金がなくて修繕ができないマンションだと判明すると、お金持ちの人から先に速く逃げていきます。

金持ちは、3000万円で買ったのに1500万円で売ることだってあります。

水道がろくに工事できていない状況が続いてしまうと、透明なきれいな水じゃなくて、茶色い汚い水が出てくる可能性もあるからです。

茶色い水が出るんだったら、半分の価値になっても売った方がマシですしね。

茶色い水と共に生活するくらいなら、たとえ価値が半分になったとしても、さっさと売っちゃった方がマシだわぁぁ

マンションの価値は雪崩のように落ちていく

価値がめちゃんこ下がって1,500万円で売る状態が続くと、「1,500万円」という市場価値が既成概念化していきます。

ですが、1,500万円でマンションを購入した人も、積立金が十分にないことが分かると、今度は1,300万円くらいで売りに出そうとします。

すると、1,300万円という市場価値が既成概念化していきます。

そして1,300万円でマンションを購入した人も、積立金がないことを知った後は、1000万円くらいで売りに出そうとします。

すると今度は900,800・・・と、もう面白いように価格は転げ落ちていきます。

ここまでくると、永遠に居住者も積立金も増えない地獄ような状況になってしまうので、もう誰もマンションを買おうとはしません。

おい、あそこのマンション価値が半分になっているらしいぜ!誰が買うんだよ、あんなマンション!

マンションの最後

積立金がろくにたまっていないのもかかわらず、マンションの価格が安いというだけで購入してしまう人は、ただの貧乏な人か、相当に頭が悪い人のどちらかです。

貧乏な人は積立金すらも払えない場合が多いので、たとえ居住者の数が増えていっても、一向に積立金は増えていきません。

こうなったら最後、マンションは価値のないでっかい粗大ごみと同然の状態になります。

マンションを買うみたいな一大イベントを計画しているつもりなら、管理会社とかをきちんと確認しておくようにしましょう

もしマンションを購入するときがあるのでしたら、不動産会社の経営状態はもちろん、そのマンションに住んでいる人の性質をチェックしておきましょう。

また、今の段階で溜まっている積立金の金額なども確認しておかないと、20年後とか30年後に痛い目を見るかもしれませんね。

 












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA