【ひろゆき生放送まとめ】専業主婦は人の自由/仕事のスピードと質/自分に自信がない

 

”このブログでは、定期的にyoutube liveを開催している「ひろゆき」さんの動画から一部有益な情報を抜粋し、読みやすい形に加工した記事を発信しています。”

参考:ひろゆき, hiroyuki

心身障害を克服して、今では子育てをしています。寄り添える人を見つけて育児を楽しむことも、一つの楽しい生き方です

確かにそうですね。

無理に社会に出て働いたりスキルを磨いたりするよりも、自分の子どもを育てながら日々を過ごしていくスタイルのほうが向いている人もいると思います。

日本の場合はヨーロッパ諸国と比較して、それが許されています。

たとえば、フランスのパリにおける専業主婦の割合は1割以下ですが、日本のその割合は50%近くあるそうです。

フランスは共働きが普通の世の中なので、結婚した後は家事や子育てに専念したいと思っていてもなかなかできないんですよ。まあ、そもそもお金がないのが理由なんですけどね。

それに比べて、専業主婦が社会的に許されているような国は、とても豊かなのではないかと思うわけです。

専業主婦を減らしたがる人々

ですが最近、専業主婦自体の存在を問題視しているフェミニストの方々が増えている気がします。

「働きたいのに働けない」のは確かに問題ですが、「働きたくないので家事・育児に専念する」という選択をもなくしてしまうのはあまり合理的ではないと思うわけです。

いわゆる「言葉狩り」ではないですが、それに似たものを最近感じますね。

精神状態が不安定で自信もない19歳です。SEをしていますが、仕事も遅いしコミュニケーションも苦手です。

別にSE(システムエンジニア)は、人に話しかけなくても大丈夫です。

また、人によって物事にかかる時間は変わるので、仕事が早い人もいれば遅い人もいるのは当然のことです。

「仕事が遅い」というのは事実なので、その事実に対して怒ったり自暴自棄になったりしても、仕方がないんですよね。

たとえば僕は、小学生のころに50メートル層走をめちゃんこ速く走れましが、このスキルが社会に出て役に立ったことは一度もありません。

スポーツ系の学部に進学するとかすれば話は違いますが、少なくとも僕にとっては、50メートル走の速い・遅いは、超どうでもいい問題でした。

エンジニアに求められるのは完成度

一番大事なのは、仕事が終わるまでの時間とかではなくて、「与えられた仕事を言われたとおりに完ぺきにこなせるかどうか」です。

クライアントの仕事の依頼を30分で完了させようと、1時間で完了させようと、自分が相手側に申告した時間通りに終わらせることができれば、何の問題もありません。

たとえばぼくは、英語圏で幅広く使われている「4ch」という掲示板を運営しています。

ぼくの立ち位置は「管理者」なのですが、システムのバグの改善やデザイン設計などの雑務は、エンジニアとして働いている人に丸投げしています。

きちんとお給料も払って仕事の契約をしているのですが、仕事の連絡はすべてメールがベースなので、いまだに彼らに会ったことがありません。

僕が送ったメールに対する返信が半日後に返ってくることもありますが、特に不都合はないでです。

なぜなら、こちら側が依頼したお仕事に対する完成度が重要なのであって、メールに対する応答スピードは特に重要ではないからです。

こちら側の依頼メールに対して、「それ、ぼくがやります!」みたいなメールが僅か30分後に来たところで、特に意味はないんです。

メールを返信するのは遅くてもいい代わりに、「いつまでに、どれくらいの完成度で仕上げられるのか」のような正確な情報を依頼人に知らせることが一番大事なのですから。

もしあなたが、自分の仕事が遅いというのを自覚しているのなら、自分のかかる時間をきちんと計算して依頼人に知らせてあげればいいだけです。

逆に自信過剰な人は、早く終わらせることだけを意識してしまうことがありますが、「質」の伴わないスピードに何の価値もありません。

自分のペースを自覚しているのなら、それに従った仕事のスケジュールを組み立てていけばいいのではないでしょうか。

適応障害で退職しました。以前の職場では売り上げに貢献できる仕事ができていましたが、今は自分に全く自信がありません。次の職場も不安でしかありません。立ち直り方を教えてください。

やったことがないことに対して漠然とした不安を抱くのは、生きている人間であれば当然のことです。

人間として「普遍的」なことに対して悩んでも、別に何も解決しませんよ。

今の職場を退職する予定のようですが、それはその職場があなたの性格や能力に合わなかっただけです。

しかもあなたの場合は、以前職場では会社の売り上げに直結するようなお仕事をしていたわけなので、少なくとも一つは、自分に合う仕事をすでに持っているのです。

人間であれば誰でも、仕事に対する相性や縁などを持ち合わせています。

職を転々とするのあ別に悪いことでもなんでもありません。相性が合う仕事を地道に見つけていけばいいのではないでしょうか。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA